人気ブログランキング | 話題のタグを見る

6月のお教室だより

2022年6月のお教室だより


2022年6月のお料理教室のご案内です。

皆様のお越しをお待ちしております。


※受付は5月23日(月)AM10時~です。手が空き次第、1~2日の間には順次お返事させていただきます。

お手数ですが、2022年6月のカレンダーはsajiのホームページのトップに記載されております。

saji.ne.jp

お手数おかけして申し訳ありませんが、そちらからご確認お願いいたします。

カレンダーの下にお進みいただくと、お教室のメニューや金額をご覧いただけます。



「玉葱麹作りと発酵ごはんのお教室/4,300円」 

6/4(土)6/5(日)のみ

※玉葱麹は作って、小瓶に入れてお持ち帰り


・茄子とツナの玉葱麹トマトクリームパスタ

・玉葱麹のローストポーク

・玉葱麹ドレッシングのサラダ

・卵とレモンのスープ

・バナナヨーグルトケーキ


玉葱と麴とを混ぜ合わせて作る「玉葱麹」。玉葱の持つ甘みと旨味が溶け込んで、まるでコンソメにも似ているような

奥深い味わいの発酵調味料です。

今回は、玉葱麹を作ってお持ち帰りしていただき、ご自宅で発酵させていただきます。お教室では、事前に用意した

玉葱麹を使って、お料理を作りましょう。

一品目は、トマトクリームパスタです。具材に茄子とツナを入れた定番のトマトクリームパスタには、

味付けに玉葱麹を使います。コクのある旨味がプラスされて、味わい深く仕上がりますよ。

二品目は、ローストポーク。今回はオーブンがなくてもできる、お手軽な調理法で。事前に豚肉を玉葱麹で漬けておき、

低温でしっとり柔らかく仕上げましょう。

三品目はローストポークに添えるサラダを。玉葱麹ドレッシングをかけて召し上がれ。

四品目は、卵とレモンを使ったさわやかなスープを。程よい酸味がこれから暑くなる季節にもいいですよ。

デザートは、ヨーグルトを加えて焼き上げるバナナヨーグルトケーキをどうそ。



「6月のお料理教室/3,850円」 

・牛肉とごぼうのちらし寿司

・とうもろこしの茶わん蒸し

・きゅうりとささ身の甘酢さっぱりサラダ

・たっぷりもやしの揚げ春巻き

・若鮎


じめじめとした梅雨がやってくるこの季節。さっぱりとした酢飯を作って、牛肉とごぼうのしぐれ煮と

合わせて、ちらしずしを作りましょう。錦糸卵ものせて、満足感アップ。

甘辛く炊いた牛ごぼうが酢飯に合いますよ。

そろそろ出回りだしました、とうもろこし!今回はお出汁と合わせて、ぷるんと滑らかな茶わん蒸しに。

とうもろこしのやさしい甘さと旨味を感じる仕上がりに。今回は温かくして召し上がれ。夏には冷やして食べてもいいですよ。

きゅうりとささ身は、甘酢のきいたさっぱりとしたサラダ仕立てに。気温が高くなると酸味の効いたお料理が食べたくなります。

しゃきしゃきのもやしをたっぷり巻き込んだ、パリッパリの揚げ春巻きを副菜に。

「若鮎」ご存じですか?薄いカステラのような生地で、求肥を包んだ和菓子です。鮎漁解禁の6月ごろに出回るお菓子。

学生の時に作って、可愛さ、作りやすさに感激しました。今回はこちらをおやつに召し上がれ。



「6月のおうちごはんのお教室/3,850円」 

・オムライスのハヤシソース

・たっぷりキャベツとホタテの柚子胡椒チャウダー

・ミニトマトのハニーピクルス

・クレープシュゼット


定番のオムライスには、やっぱり定番のハヤシソース。お教室をスタートした当初に作ってから、久しぶりに登場です。

ふわとろの卵とハヤシソース、そしてバターライス。

ケチャップもいいし、ホワイトソースをかけたオムライスもいいけれど、やっぱりこれ!って感じです。

たっぷりの千切りキャベツとホタテを入れたチャウダースープには、少しぴりっとする辛さがアクセントの

柚子胡椒を入れて仕上げます。たっぷりのキャベツで、満足感があります。

ミニトマトは、蜂蜜のやさしい甘さのピクルスに。保存もできるので、たっぷり作っておくのもいいですよ。

デザートは、オレンジソースで煮たクレープシュゼットを。少しリッチな気分になる、温かいクレープです




ご予約は、お問い合わせフォームよりメールにて承ります。

HPのCONTACT、または問い合わせをクリックし、必要事項を入力して頂きまして、送信して頂きますよう、宜しくお願い致します。




ご予約は、材料準備の関係上、講座3日前までにお願いいたします。ご予約後、2日前からキャンセル料がかかります。

2日前キャンセル→講座料金の50%  前日~当日キャンセル→講座料金全額

ご了承くださいませ。



by saji_cookluck | 2022-06-01 17:47 | 日程のご案内 | Comments(0)